Medtronic

腹部大動脈瘤は、破裂するまで気づかない。受けよう。腹部エコー検査

大動脈瘤.com

検索

ホーム > 大動脈瘤はどんな病気? > 大動脈径が1.5倍に⇒大動脈瘤

大動脈径が1.5倍に⇒大動脈瘤

大動脈瘤とは、正常な大動脈内腔の一部位、または複数部位が病的に拡張した状態のことを言います。端的に言えば、大動脈が正常径の1.5倍以上に、永久的に拡張した状態です。

大動脈の拡張は、老化、アテローム性動脈硬化、感染、炎症、外傷、先天的な異常、および中膜の変性などの結果として起こります。こうした異常に伴う病的変化により、大動脈に肥厚や薄層化、膨張、亀裂、破裂、狭窄、解離、またはこれらの状態が組み合わさった変化が起こります。動脈瘤は、大動脈壁の構造の変化によって生じ、高血圧等により悪化します。

大動脈瘤とはどんな病気?INDEXへ戻る

ホーム大動脈瘤はどんな病気?破裂を予防しよう腹部大動脈瘤を知ろう胸部大動脈瘤を知ろう

本サイトは医師の監修の元に作成されておりますが、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

お問い合わせプライバシー・ポリシー利用規約

© Medtronic Japan Co., Ltd