Medtronic

ハイリスクの患者さんには積極的に触診・腹部超音波検査を。

大動脈瘤.com

検索

ホーム > 破裂してからでは遅い腹部大動脈瘤(AAA) > スクリーニング

スクリーニング

予後改善、方法

AAA高リスク患者へのエコー検査によるスクリーニング実施は瘤関連死を有意に抑制します。

図7 AAA高リスク患者へのスクリーニング実施による予後改善1)
AAA高リスク患者へのスクリーニング実施による予後改善

解説

AAAは、自覚症状なく進行するため、スクリーニングにより早期発見することが非常に重要です。 英国における男性67,770名を対象とした10年間にわたる調査では、エコー検査によるスクリーニングを行い、AAAが発見された場合には、継続して追跡エコー検査を行った群では、スクリーニングを行わなかった群と比較して、10年間の死亡リスクが42%低減しています(図7)。 死亡リスクの低下の理由として、継続的なエコー検査の実施によりAAAの進行を確認しながら適切な時期に待機的手術を行うことができること、AAA破裂による開腹手術や死亡が減少することなどが考えられます2)

1)Thompson SG, et al. BMJ 2009; 338: b2307.
2)The Multicentre Aneurysm Screening Study Group. Lancet 2002; 360: 1531-1539.

AAAは日常診療での触診やエコー検査などによって早期発見が可能です。

触診
触診
エコー検査
エコー検査
問診、徴候
問診、徴候
問診、徴候

解説

AAAは、進行するまで自覚症状がないことが多いため、①AAAとは関係のない腹痛などで近医を受診して発見された、②他の疾患でCTやMRIを行った際に発見されたなど他の疾患で受診中に発見されることがよくあります。そして、発見された際には、すでに進行している場合も数多くあります。
そのため、 65歳以上、男性、喫煙、高血圧、家族歴などのリスク因子を複数もつ高リスクの患者さんには、積極的なスクリーニングを行いAAAを早期発見することが、良好な予後のために重要です。
日常診療において、AAAの高リスクの患者さんに対しては、積極的にスクリーニングを行い、AAAが発見された場合や、疑いがある場合には、専門医へのご紹介をお願いいたします。

日常診療でみつかる腹部大動脈瘤

他疾患の精査中での画像検査に偶然映ることもあります。

整形外科
整形外科
整形外科

解説

・腰椎単純X線写真に写るAAAの見え方と特徴

・高齢者では動脈硬化による大動脈壁に石灰化を認めることが多く、石灰化を伴う腹部大動脈ではその陰影から単純X線で最大短径の測定が可能となります。

・腹部大動脈瘤のリスク因子を有する患者さんで腰椎X線検査を行う際は、腹部大動脈瘤も念頭に画像評価を行うことが必要です。

・腹部大動脈瘤の破裂または切迫破裂では9割以上で腰背部痛を有するとの報告もあります3、4)。腰痛患者さんの診断では、まず注意深い問診と身体検査を行い、重篤な脊椎疾患や内臓由来の腰痛のほか、血管由来の腰痛として腹部大動脈瘤を鑑別することが重要です。破裂性の腹部大動脈瘤では、突然の腹部・腰背部の激痛、血圧異常(低血圧・高血圧)、ショック症状、腹部拍動性腫瘤を特徴とします。

・腰痛を初発症状とした破裂性腹部大動脈瘤は、患者さん自己判断による放置や近医での他疾患と診断、経過観察により、確定診断と血管外科受診までに時間を要することが報告されています5)。破裂性腹部大動脈瘤の救命率を向上させるためにも、腰痛診療では問診と腹部を含めた触診を十分に行い、疑わしい場合は腹部エコー等による画像診断を施行し、迅速な診断・救急搬送につなげることが大切です。

3)浦山博ほか. 骨・関節・靭帯 1992; 5: 71-75 、4)Darling RC. Am J Surg. 1970; 119: 397-401
5)垣 伸明ほか. 日血外会誌 2005; 14: 587-590

泌尿器科・消化器科
泌尿器科・消化器科

解説

・腹部大動脈瘤の多くは無症候の患者さんで偶然に発見され、腹部エコー検査と触診が主な発見契機になっていることが報告されています7)

・人間ドックの腹部スクリーニングで発見される場合、腹部大動脈瘤の診断基準に満たない瘤が多いですが(最大径30mm以下)、経過観察により瘤径の拡大を確認することが重要です。

・特に男性では、腹壁の緊張度、腹筋の発達度が高いため、腹部大動脈瘤の発見には腹部エコー検査が有効です。

・破裂性腹部大動脈瘤では、腹痛を初発症状とする症例が7割に達するとの報告もあります5)。腹痛においても、問診と触診を十分に行い、疑わしい場合は腹部エコー等による画像診断を施行し、迅速な診断・救急搬送につなげることが重要です。

7)金 京子ほか. 日老医誌 2000; 37: 1012-1013

破裂してからでは遅い腹部大動脈瘤
(AAA)INDEXへ戻る

ホーム破裂してからでは遅い腹部大動脈瘤(AAA)ステントグラフト製品情報大動脈瘤治療の専門医大動脈瘤インターネットセミナーダウンロードコーナーリンク集

資料請求・お問い合わせプライバシー・ポリシー利用規約

© Medtronic Japan Co., Ltd