Medtronic

腹部大動脈瘤は、破裂するまで気づかない。受けよう。腹部エコー検査

大動脈瘤.com

検索

ホーム > 破裂を予防しよう > あの人も腹部大動脈瘤だった > アインシュタイン

あの人も腹部大動脈瘤だった

研究が完成することのないまま、この世を去ったアインシュタイン

ノーベル物理学賞を受賞した天才物理学者、アルベルト・アインシュタイン。新たな理論の構築に没頭する中、腹部大動脈瘤破裂により76歳でこの世を去りました。

学校では落ちこぼれだった「天才」

アインシュタインは、1879年に南ドイツのユダヤ人の家庭に生まれます。5歳頃までうまく話すことができず、知識をアウトプットすることに時間を要する子どもでした。学校では「学習障害」に悩んでいた一方、数学に対する興味は深く、12歳の頃に幾何学の本を借りて独学で微分学と積分学を習得したともいわれています。

輝かしい研究活動と「超ズボラ」な私生活

彼が脚光を浴びるきっかけになったのは、なんといっても「相対性理論」でしょう。そのほかにも、量子力学、光電効果など様々な研究を通して、世界や宇宙を変えたといわれています。しかし、そのめざましい功績とは裏腹に、私生活はかなりの面倒くさがりで、洗濯用石鹸で洗顔し、雑巾で顔を拭くような、常識はずれの一面があったといいます。また、愛煙家としても有名であり、大学生の頃からパイプを手放しませんでした。

逆境に立たされた晩年

1930年代、アインシュタインはナチズムによる暗殺の脅威を感じ、アメリカ合衆国に亡命します。その後、「相対性理論」を応用した原子爆弾の威力を目の当たりにしたことを機に、核兵器の反対運動に注力し始めます。そこでのトラブルなどにより、FBIに監視される生活が始まりました。
そして69歳のころ、手術でアインシュタインの腹部に大きな動脈瘤があることが判明します。しかしながらアインシュタインは懸命な努力を続けました。胃痛のためにこよなく愛したパイプもやめ、新たな理論(統一理論)の構築に没頭します。そして1950年、ついに研究内容を発表しますが、まわりの科学者からは全く評価されませんでした。

アインシュタインの疲労やストレスは徐々に蓄積していき、76歳になって間もない1955年の春、大動脈瘤が破裂して倒れ、4日後には帰らぬ人となりました。息を引き取る瞬間も、枕元には計算式が並ぶ一枚の紙が置いてあったそうです。

参考:「90分でわかるアインシュタイン」ポール・ストラザーン著、浅見昇吾訳(青山出版社)
「湯川秀樹とアインシュタイン」田中正著(岩波書店)

破裂を予防しようINDEXへ戻る

ホーム大動脈瘤はどんな病気?破裂を予防しよう腹部大動脈瘤を知ろう胸部大動脈瘤を知ろう

本サイトは医師の監修の元に作成されておりますが、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

お問い合わせプライバシー・ポリシー利用規約

© Medtronic Japan Co., Ltd