Medtronic

腹部大動脈瘤は、破裂するまで気づかない。受けよう。腹部エコー検査

大動脈瘤.com

検索

ホーム > 胸部大動脈瘤を知ろう > 侵襲の少ない血管内治療

侵襲の少ない血管内治療

胸部下行大動脈瘤に対して、ステントグラフトで治療を行う場合には、足の付け根辺りを約5センチ切開して、動脈にカテーテルを挿入し、瘤のあるところでステントグラフトを展開し、留置します。ステントグラフトが血管内に留置され、瘤に血液が流れるのをふさいで、瘤の破裂を防ぎます。胸部を切開する必要がないため、入院期間が比較的に短い(手術後2~5日程度)のが特徴です。

胸部大動脈瘤を知ろうINDEXへ戻る

ホーム大動脈瘤はどんな病気?破裂を予防しよう腹部大動脈瘤を知ろう胸部大動脈瘤を知ろう

本サイトは医師の監修の元に作成されておりますが、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

お問い合わせプライバシー・ポリシー利用規約

© Medtronic Japan Co., Ltd