Medtronic

腹部大動脈瘤は、破裂するまで気づかない。受けよう。腹部エコー検査

大動脈瘤.com

検索

ホーム > 胸部大動脈瘤を知ろう > 破裂を予防するための治療

破裂を予防するための治療

大動脈瘤は一旦形成されてしまうと、元のサイズに戻ることはありません。しかし、発見されたあとでも血圧を下げる薬(降圧剤)で血圧コントロールをすることにより、拡張する速度を遅らせ、破裂を予防することが可能ですので、これは非常に大切な治療となります。発見されたあとも血圧が高いままでいると、どんどん瘤が大きくなり、破裂に至ることもあります。大動脈瘤の大きさと形によって、このような経過観察で良いか、手術的治療が必要かの判断をします。破裂のリスクと手術に伴うリスクのバランスで治療法が決められます 。

大動脈瘤が怖いのは破裂する恐れがある為です。胸部大動脈瘤が破裂すると症状は重症となり、激しい痛み、呼吸苦、意識障害などを起こし、突然死することもあります。胸部大動脈瘤の根本的な治療法としては、開胸して瘤を切除し、人工血管に置換する方法があります。もしくは動脈瘤の発生部位によっては、身体に負担の少ない治療として血管内治療があります。

胸部大動脈瘤を知ろうINDEXへ戻る

ホーム大動脈瘤はどんな病気?破裂を予防しよう腹部大動脈瘤を知ろう胸部大動脈瘤を知ろう

本サイトは医師の監修の元に作成されておりますが、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

お問い合わせプライバシー・ポリシー利用規約

© Medtronic Japan Co., Ltd