Medtronic

腹部大動脈瘤は、破裂するまで気づかない。受けよう。腹部エコー検査

大動脈瘤.com

検索

ホーム > 胸部大動脈瘤を知ろう > 症状の出にくい胸部大動脈瘤

症状の出にくい胸部大動脈瘤

胸部大動脈瘤は自覚症状がなく大きくなる場合が多くあります。動脈瘤が大きくなり、周囲の組織が圧迫されるようになって初めて症状が現れます。声帯を支配している神経(反回神経)を圧迫すると、左側の声帯のはたらきが悪くなって、しわがれ声(嗄声(させい))が出てきます。気管を圧迫すると呼吸困難になり、食道を圧迫すると食べ物を飲み込むことが困難になります。

胸部大動脈瘤が破裂すると、胸部に激痛が起こります。また、心臓発作の時のように胸や腕に痛みを感じることもあり、患者は急速にショック状態に陥り、生命の危険にさらされます。

胸部大動脈瘤を知ろうINDEXへ戻る

ホーム大動脈瘤はどんな病気?破裂を予防しよう腹部大動脈瘤を知ろう胸部大動脈瘤を知ろう

本サイトは医師の監修の元に作成されておりますが、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。

お問い合わせプライバシー・ポリシー利用規約

© Medtronic Japan Co., Ltd